アラフォーの新世界への挑戦 まだまだ人生これから!40歳でプログラマを目指すには?

40歳からも遅くはないプログラマーの役割

プログラマーの持つ役割は非常に多岐にわたります。世の中のあらゆるところにプログラムが関わっているのが理由ですが、そのために40歳からでもプログラミングを学ぶのは決して遅くはないものです。例えば仕事の内容として、既存のプログラムのメンテナンスがあります。通常は、大きなプログラムとなればどこかしら不具合があるものです。それを修正しながら操作性や機能を向上させることになります。その作業自体も初心者が行うことは可能です。さらに修正を加え続けたプログラムは可視性が低く、メンテナンスしにくくなるものです。その機能などは変えずに、構造を作り変える作業も必要です。それも初心者プログラマーが携われる仕事となります。このように40歳からでもプログラマーとしての役割は多くあることがわかります。

もちろん最前線の開発現場でコーディングを行うには、相当のスキルと柔軟な発想力が求められます。これは早くから仕事に携わる経験者でも、次第に劣るものです。40歳から最先端の開発に関わることは難しいものですが、メンテナンス作業をするには十分な技術は身につけることが可能です。さらに簡単なWebアプリケーションならば作成もできるので、個人としてそのような仕事を請け負うことも可能となります。モノを作り出すことが好きであれば、プログラミングは決して難しいものではありません。あとは常にスキルを高める向上心さえあれば、あらゆる作業に役立てるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です