アラフォーの新世界への挑戦 まだまだ人生これから!40歳でプログラマを目指すには?

イメージとのギャップが激しいIT業界

世の中には、プログラマー35歳定年説が蔓延しています。実際に業界の内側を覗いたことがない人は、それが真実だと勘違いしている場合もあります。しかし、本当のところは、プログラマーは40歳からでも全く遅くはない職種なのです。その理由は明確です。IT業界全体を通して人手不足が深刻なので、仕事を任せられるなら年齢は気にしていられないというのが大きな理由です。仕事をしてくれるのであれば、たとえば70歳の人でも問題はないのです。さすがに難しい重要な仕事をそういった人に任せる経営者はいませんが、誰にでもできる単純作業も多いのがIT業界です。探せば、高齢の方ができる仕事がいくらでも見つかります。業界は猫の手も借りたいぐらいの状況ですから、実際に40歳から他業種から転職をしてくる人もいます。この辺りは、イメージとのギャップが激しいことでしょう。

プログラマーは若い人しかできないという一般のイメージは、大きく現実から外れています。ですから、そういった噂には惑わされないようにすることが大事です。年齢が高くても、本当にIT業界に入りたいなら転職を考えるのはいいことです。スタートがたとえ遅くても、定年をあまり気にしなくてもいい職種なので、デメリットは少ないです。フリーランスとしてなら、何歳まででも働けるので、スタートが多少遅れても問題はありません。他業種で培った経験を活かし、新しいタイプのエンジニアになれば、会社や社会の役にも立てることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です