アラフォーの新世界への挑戦 まだまだ人生これから!40歳でプログラマを目指すには?

若い人たちとうまく仕事をするための適正

仕事に対する強い意欲があれば、プログラマーの仕事は40歳からでも遅くはないです。プログラミングのスキルアップに熱心であれば、年齢の面での不利は十分にカバーできます。しかし40歳からの開発技術者志望であると、仕事上の気を使わなければならない点もあります。ソフトウェア開発現場で働いているプログラマーには若い年齢層のエンジニアたちが多い傾向にあります。その中で多少の世代が離れたスタッフがいると、関係性がぎくしゃくしがちです。ジェネレーションギャップを感じ、年配のエンジニアはどのように若い同僚たちと接すればいいのか迷う場面も出てきます。若い人たちにとっても、年齢の離れた人とのコミュニケーション経験がないと接し方に苦慮する場合が少なくありません。

そのため40歳からソフトウェア開発の仕事を始めるのであれば、若い人たちとのコミュニケーション能力は適性があった方が仕事では役に立ちます。特に仕事を始めたばかりの人間関係の形成が重要であり、気さくに話ができるような関係性を若いエンジニアたちと築くことに注意します。職場でうまく人間関係が築けないと孤立する恐れもあり、プログラマーに必要な技術開発力以外にも、職場で誰とでも良好な関係が築ける能力が欠かせません。若い技術者たちと共に仕事をするのは年配の技術者にとってもプラスになります。現代の若者の流行について知るきっかけになり、年齢の離れた人たちとのコミュニケーションを通して刺激が得られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です