アラフォーの新世界への挑戦 まだまだ人生これから!40歳でプログラマを目指すには?

心構えを知れば転職に年齢は関係ない

コンピュータが登場して日常の生活で欠かせないものとなり、今となってはなければ困る存在になってきています。それゆえ安全性や使い勝手の良さがより求められるようになってきて、IT技術職の需要が高まってきているのです。しかもこの中のプログラマーやウェブデザイナーといった職種は一般の会社勤めとは違ったメリットがあって、大きなポイントはパソコンがあればどこでも仕事ができること、個人のスキルに関わってくることで、技術力と知識と営業能力、さらに人脈を築いておけば、会社員としてだけではなく独立してフリーランスとしても活躍することが可能だということでしょう。これによって定年が無関係になり、また育児や介護などで自宅にいなければいけない人でも仕事をすることができるようになります。こういったことから転職を考える人も多く、心構えさえあれば40歳からでも遅くはないのです。

大切なのは技術職であり、常にスキルを磨いておかなければいけなく、技術は日夜進歩していますので学び続けることが必要になります。年を取るほど頭が固くなるものですから、柔軟性も必要となってきて、この業界では20代で責任者といったことも少なくはないので、年齢に関わらず対等に接することも必要となるでしょう。
IT関連はこれまでの一般的な企業とは少し趣が違っていますので、否定をすることなく受け入れる、そういった自分自身の姿勢こそが40歳からIT業界に参入する場合は特に必要となってくるので、心がけておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です